九州大学大学院歯学研究院 口腔保健推進学講座 口腔予防医学分野九州大学大学院歯学研究院 口腔保健推進学講座 口腔予防医学分野

トップページ

講座の紹介

業績

スタッフ

What's up

アクセス

九州大学 歯学研究室 歯学部 歯学科

〒812-8582
福岡市東区馬出3-1-1
九州大学大学院歯学研究院
口腔保健推進学講座
口腔予防医学分野

TEL 092-642-6353

FAX 092-642-6354

お問い合わせコチラ
What's up|更新情報などお知らせ
2014.06.04 2014年度 スタッフ名簿を更新しました。
スタッフのページをご覧ください。

2014.01.14 2013年度<著書>を更新しました。
3.山下喜久
平成23・24年度普及委員会(児童虐待防止へのかかわり)における検討の概説
日本学校歯科医会会誌 144(1):46-48, (2013).

2014.01.14 2013年度<業績>を更新しました。
3.Furuta M, Shimazaki Y, Takeshita T, Shibata Y, Akifusa S, Eshima N, Kiyohara Y, Ninomiya T, Hirakawa Y, Mukai N, Nagata M, Yamashita Y. Gender differences in the association between metabolic syndrome and periodontal disease: the Hisayama Study.
J Clin Periodontol. 40(8):743-52 (2013).
4.Kawada-Matsuo M, Oogai Y, Zendo T, Nagao J, Shibata Y, Yamashita Y, Ogura Y, Hayashi T, Sonomoto K, Komatsuzawa H.
Involvement of the novel two-component NsrRS and LcrRS systems in distinct resistance pathways against nisin A and nukacin ISK-1 in Streptococcus mutans.
Appl Environ Microbiol. 79(15):4751-5 (2013).
5.Fujinaka H, Takeshita T, Sato H, Yamamoto T, Nakamura J, Hase T, Yamashita Y.
Relationship of periodontal clinical parameters with bacterial composition in human dental plaque.
Arch Microbiol. 195(6):371-83 (2013).
6.Furuta M, Komiya-Nonaka M, Akifusa S, Shimazaki Y, Adachi M, Kinoshita T, Kikutani T, Yamashita Y.
Interrelationship of oral health status, swallowing function, nutritional status, and cognitive ability with activities of daily living in Japanese elderly people receiving home care services due to physical disabilities. Community Dent Oral Epidemiol. 41(2):173-81. (2013).
7.Yamane K, Ayukawa Y, Takeshita T, Furuhashi A, Yamashita Y, Koyano K.
Bacterial adhesion affinities of various implant abutment materials.
Clin Oral Implants Res. 24(12):1310-5 (2013).
8.Kawato T, Tanaka H, Tabuchi M, Ooshima K, Nakai K, Yamashita Y, Maeno M.
Continual Gram-negative bacterial challenge accelerates stroke onset in stroke-prone spontaneously hypertensive rats.
Clin Exp Hypertens. 35(1):28-34 (2013).
9.Furuta M, Yamashita Y.
Oral health and swallowing problems.
Curr Phys Med Rehabil Rep 1:216–222, (2013).

2013.12.03 2013年度<業績>を更新しました。
<著書>
1. 竹下 徹、山下喜久
口腔のマイクロバイオーム
細胞工学, Vol.32 No.11:1125-1128 (2013)
2. 山下喜久、竹下 徹
口腔疾患とマイクロバイオーム ー口腔の健康に関連するマイクロバイオームの個人差
医学のあゆみ, Vol.246 No.13:1089-1093 (2013. 9. 28 )



2013.09.25 2013年度<業績>を更新しました。
<研究助成取得状況>
平成25-28年度、文部科学省 基盤研究(B)一部基金 代表(山下喜久)
「半導体シーケンサーによる口腔フローラの網羅的解析結果と健康との関連性の解明」
平成25-26年度、文部科学省 挑戦的萌芽研究 基金 代表(山下喜久)
「要介護高齢者への義歯の装着が嚥下機能の回復に及ぼす効果を検討する介入研究」
平成25-27年度、文部科学省 基盤研究(C)基金 代表(柴田幸江)
「口腔細菌のリボスイッチ制御による口腔フローラ再構成への挑戦」
平成25-27年度、文部科学省 基盤研究(C)基金 代表(竹下 徹)
「マイクロバイオーム解析による口腔常在フローラの成熟に関わる因子の探索」
平成25-26年度、文部科学省 研究活動スタート支援 代表(竹内研時)
「血清抗体価による歯周疾患重症化リスクの縦断的検証」
平成25-28年度、文部科学省 基盤研究(C)基金 代表(弘中美貴子)
「ソシオメトリ分析による地域社会の連携改善への介入が乳幼児齲触抑制に及ぼす効果」
平成25-26年度、ケイ・エス・オー 受託研究 代表(山下喜久)
「ユーカリ抽出物配合ガムの歯周病に対する効果及び口腔内細菌叢に対する影響に関する研究」

< 12345678 >

COPYRIGHT