九州大学大学院歯学研究院 口腔保健推進学講座 口腔予防医学分野九州大学大学院歯学研究院 口腔保健推進学講座 口腔予防医学分野

トップページ

講座の紹介

業績

スタッフ

What's up

アクセス

九州大学 歯学研究室 歯学部 歯学科

〒812-8582
福岡市東区馬出3-1-1
九州大学大学院歯学研究院
口腔保健推進学講座
口腔予防医学分野

TEL 092-642-6353

FAX 092-642-6354

お問い合わせコチラ
What's up|更新情報などお知らせ
2017.10.27 2016年 原著論文を更新しました。
7. 竹内研時, 深井穫博
歯科医療・口腔保健の2050年までの研究課題
ヘルスサイエンス・ヘルスケア. 16(2):85-90 (2016)
8. 古田美智子, 竹内研時, 竹下徹, 柴田幸江, 二宮利治, 清原裕, 山下喜久
地域住民における口腔の健康状態と生活習慣病の関連性の検討─久山町研究─
口腔衛生学会誌. 66(5): 465-474 (2016)
9. 劉安, 古田美智子, 竹内研時, 山下喜久
Dental Caries and Community Socioeconomic Statue in Japanese and Chinese Children: An Ecological Study
口腔衛生学会誌. 66(1): 32-38 (2016)


2017.08.24 2017年 業績を更新しました。
<原著論文>
1.竹内研時、佐藤遊洋、須磨紫乃、古田美智子、岡部優花、田中照彦、小坂健、山下喜久
口腔の健康状態および歯科保健サービスの受給状況と歯科医療費や医療費との関連
口腔衛生会誌 J Dent hlth 67:167-171.(2017)

<著書>
1. 柴田幸江、山下喜久
口腔ケアの重要性
教育と医学 No.768 2017.6, 64-73

2017.05.22 講座の紹介4を更新しました。
「臨床研修のご説明 口腔および全身の健康と口腔常在微生物叢に関する疫学調査」を掲載しました。

2017.02.27 現在実施中の臨床研究について
本分野で現在実施中の臨床研究を講座紹介4に掲載しています。

2015.11.11 2015年<原著論文>を更新しました。
3. Takeuchi K, Izumi M, Furuta M, Takeshita T, Shibata Y, Kageyama S, Ganaha S, Yamashita Y.
Posterior Teeth Occlusion Associated with Cognitive Function in Nursing Home Older Residents: A Cross-Sectional Observational Study.
PLoS One. 29; 10(10): e0141737 (2015)
4. Takeuchi K, Furuta M, Takeshita T, Shibata Y, Shimazaki Y, Akifusa S, Ninomiya T, Kiyohara Y, Yamashita Y.
Serum antibody to Porphyromonas gingivalis and periodontitis progression: the Hisayama Study.
J Clin Periodontol. 42:719-725 (2015)
5. Takeuchi K, Furuta M, Takeshita T, Shibata Y, Shimazaki Y, Akifusa S, Ninomiya T, Kiyohara Y, Yamashita Y.
Risk factors for reduced salivary flow rate in a Japanese population: the hisayama study.
Biomed Res Int. 2015:381821 (2015)
6. Furuta M, Shimazaki Y, Tanaka S, Takeuchi K, Shibata Y, Takeshita T, Nishimura F, Yamashita Y.
Gender-Specific Associations of Serum Antibody to Porphyromonas gingivalis and Inflammatory Markers.
Biomed Res Int. 2015:897971 (2015)

< 12345678 >

COPYRIGHT